録画中継

平成29年第1回定例会 平成29年3月4日(土) 第2日目(施政方針代表質疑)『土曜議会』

  • 開議
    会議録署名議員の指名について

      若林信一
    上薮弘治
  • 笠原 由美子 議員
    [公明党 代表]

    (1)「羽曳野市まち・ひと・しごと創生総合戦略」について
     ①移住・定住を促進するコンテンツについて
      ア 「羽曳野ブランディング」とはどのような取り組みか。
      イ 平成29年度での新たな住宅セーフティネット制度の導入について
      ウ 当市における空家率と入居希望者との差異について
      エ 空家への入居における問題点とその改善について

    (2)キーワード「魅力」について
     ①百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録に向けた取り組みについて
      ア 「選ばれるまち」となるためのシティプロモーションとは具体的にどのような取り組みを計画しているのか。

    (3)キーワード「未来」について
     ①子どもを安心して産み育てられる環境について
     ②子どもの健やかな成長が期待できる環境について
     ③妊娠から出産・子育てに至るまでの支援体制(羽曳野版ネウボラ)の構築について
     ④当市の産後ケアの状況と新生児聴覚検査(スクリーニング)の重要性と検査体制の構築について

    (4)「未来に羽ばたく 子ども・若者を育むまち」について
     ①学校園におけるがん教育の取り組みについて
     ②通級指導教室の実態と取り組み及び通級指導教室の待機児童について
     ③当市における教員不足の状況について

    (5)「魅力発見 賑わいと創造にあふれるまち」について
     ①「(仮称)はびきの観光・移住創造かんぱにー」とはどのような計画か。

    (6)「歴史・文化が息づき 心身ともに躍動するまち」について
     ①百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録に向けたさらなる機運の醸成への取り組みについて
      ア 寄附金制度の創設とは具体的にどのような取り組みか。
  • 日和 千賀子 議員
    [大阪維新の会 代表]

    (1)「快適でうるおいのある 住みよいまち」について
     ①空家対策について

    (2)「地域がつながり 安全で心安らぐまち」について
     ①防災力について

    (3)「ともに支え合い 健やかに暮らせるまち」について
     ①認知症初期集中支援チームについて
     ②糖尿病性腎症重症化予防事業について

    (4)「未来に羽ばたく 子ども・若者を育むまち」について
     ①外国語教育について

    (5)「魅力発見 賑わいと創造にあふれるまち」について
     ①道の駅しらとりの郷・羽曳野10周年記念事業について
     ②グレープヒルスポーツ公園の大型遊具のリニューアル工事について
     ③「(仮称)はびきの観光・移住創造かんぱにー」について

    (6)「歴史・文化が息づき 心身ともに躍動するまち」について
     ①百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録に向けた関連イベントについて
     ②シャトルバスの運行について
     ③竹内街道の日本遺産登録に向けた取り組みについて
     ④中央スポーツ公園の拡張にあわせた市民プールの整備について
     ⑤大学図書館の蔵書の借り受けについて
  • 林 義和 議員
    [羽曳野無所属の会 代表]

    (1)「快適でうるおいのある 住みよいまち」について
     ①恵我ノ荘駅前南側広場の整備について、具体的にどうなるのか。
     ②「空家等対策計画」の具体的な内容について

    (2)「地域がつながり 安全で心安らぐまち」について
     ①危機管理能力を向上させるため、自衛隊のОBを配置してはどうか。
     ②避難所の対応について

    (3)「ともに支え合い 健やかに暮らせるまち」について
     ①はびきのウェルネス事業を市西部地域に教室を開始するとあるが、具体的な場所は。
     ②就労準備支援事業に参加するとあるが、今までどうしてきたのか。また、今後どうしていくのか。

    (4)「未来に羽ばたく 子ども・若者を育むまち」について
     ①こども未来館たかわしについて、幼児教育・保育の充実とあるが、ほかの園はどうするのか。
     ②幼稚園、保育園の統廃合、民間委託等の具体的な構想について
     ③こども未来館たかわしにおいて、保育園は3歳児からとなっているが、希望者は少ないのではないか。
     ④島泉保育園はどうするのか。以前、廃園すると言っていたが、どうなるのか。
     ⑤幼稚園を統廃合すると前提し、3歳児から就園できるようにならないか。
     ⑥保幼小中一貫教育の推進とあるが、市内全域で実施するのか。

    (5)「魅力発見 賑わいと創造にあふれるまち」について
     ①「(仮称)はびきの観光・移住創造かんぱにー」とは何か。
  • 嶋田 丘 議員
    [日本共産党 代表]

    (1)施政方針の基本方針について
     ①市民生活の実態について

    (2)3つのキーワードについて
     ①生活応援としての「安心」について
      ア 国民健康保険の都道府県単位化による保険料
      イ 就学援助
      ウ 学校給食における補助
     ②まちの「魅力」について
      ア インフラ整備にかかわって(道路や駅)
      イ 自然再生可能エネルギー社会の構築
     ③「未来」を見据えた教育施設の改善について
      ア エアコン設置
      イ トイレの洋式化

    (3)施政方針の考え方について
     ①政治信条について
      ア 社会情勢
      イ 教育の目的
      ウ カジノの誘致
  • 吉田 恭輔 議員
    [市民クラブ 代表]

    (1)キーワード「魅力」について
     ①百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録と、市民にとっての古市古墳群とまちづくりの構想について
     ②竹内街道の魅力の発信と古市古墳群との連携について

    (2)キーワード「安心」について
     ①「健康」を羽曳野の文化として根付かせ、拡げることについて
     ②人口減少社会に対応して、地域の特性を活かした取り組みについて

    (3)キーワード「未来」について
     ①子どもたちの笑顔が輝き、人が集い、賑わい、交流するまちづくりについて
     ②まちの文化や魅力の向上について
  • 松井 康夫 議員
    [自由民主党議員団 代表]

    (1)キーワード「未来」について
     ①教育の環境整備について
     ②子育て支援について
      ア 子育て世代包括支援センターの設置について
      イ 幼稚園、保育園の今後の見通しと計画及び考え方について

    (2)キーワード「安心」について
     ①庁内における避難訓練について

    (3)キーワード「魅力」及び「魅力発見 賑わいと創造にあふれるまち」について
     ①「(仮称)はびきの観光・移住創造かんぱにー」について
  • ※「連続」にチェックをして「連続再生ボタン」をクリックします と、選択した映像が連続して再生されます。